ン=ゾスドラゴン完全ガイド

   

スクリーンショット 2016-05-10 11.59.32

FROM: 清水龍之介
杉並のゲーミングハウス「ぐったりガブ呑み亭」より、、、
 

先日、読者の方よりとても面白いご感想を頂きました。

なんでも「《竜王デスウィング》を《ン=ゾス》で復活させる、ドラゴン大集合デッキを作った」というのです。

レシピを見てびっくり。

そこには《ノズドルム》など、構築ではほとんど見たことのないようなドラゴンたちが入っているではありませんか!Σ(゚Д゚)ガーン

このデッキに惚れ込んだ清水龍之介は、早速完全デッキガイドを作ってしまいました。

このメールを読んだ方限定のプレイ動画もオマケで付いています。(一番下のあたり)

さあ、早速デッキリストを覗いてみましょう!

 

デッキリスト

こちらはご感想を下さった「へのへのもへじ」さんのデッキリストです。
(このデッキを「元デッキ」と呼ぶことにします)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヒーロー:ウォーロック
デッキ名 【頽廃せし終焉の翼】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1《凄まじき力/Power Overwhelming》x2
2《フェアリードラゴン/Faerie Dragon》x2
2《戦利品クレクレ君/Loot Hoarder》x2
3《ブラックウィングの技術者/Blackwing Technician》x2
4《地獄の炎/Hellfire》x2
4《影の炎/Shadowflame》x2
4《トワイライト・ドレイク/Twilight Drake》x2
5《アジュア・ドレイク/Azure Drake》
5《カルトの薬師/Cult Apothecary》
5《ブラックウィングの変性者/Blackwing Corruptor》x2
5《ナーガの海の魔女/Naga Sea Witch》x2
6《ヴォルカニック・ドレイク/Volcanic Drake》x2
6《シルヴァナス・ウィンドランナー/Sylvanas Windrunner》
7《レンド・ブラックハンド/Rend Blackhand》
8《クロマガス/Chromaggus》
9《イセラ/Ysera》
9《ノズドルム/Nozdormu》
10《破滅!/DOOM!》
10《デスウィング/Deathwing》
10《竜王デスウィング/Deathwing, Dragonlord》
10《頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

アレンジデッキ

こちらは清水龍之介アレンジの、レノ・ン=ゾス・ドラゴンデッキ、
またはヌ・ミキタカゾ・ンシです?(゚Д゚)
(このデッキを「アレンジデッキ」と呼ぶことにします)

ヒーロー:ウォーロック
デッキタイプ:ハイランダードラゴンウォーロック
デッキ名 【ドラゴン・パーティ!】
069169ab59a49a1bba00e037d3445224 1《凄まじき力/Power Overwhelming》
1《生の苦悩/Mortal Coil》
2《サンフューリーの護衛/Sunfury Protector》
2《巨大ガマ/Huge Toad》
2《闇の売人/Dark Peddler》
3《シャドウボルト/Shadow Bolt》
3《インプ・ギャングのボス/Imp Gang Boss》
3《ブラックウィングの技術者/Blackwing Technician》
3《ブラン・ブロンズビアード/Brann Bronzebeard》
3《大地の円環の遠見師/Earthen Ring Farseer》
4《地獄の炎/Hellfire》
4《影の炎/Shadowflame》
4《スナック売り/Refreshment Vendor》
4《トワイライト・ドレイク/Twilight Drake》
4《トワイライトの守護者/Twilight Guardian》
5《ブラックウィングの変性者/Blackwing Corruptor》
5《無貌の操り手/Faceless Manipulator》
5《狂闘品のヒールロボ/Corrupted Healbot》
6《魂抽出/Siphon Soul》
6《シルヴァナス・ウィンドランナー/Sylvanas Windrunner》
6《ソーリサン皇帝/Emperor Thaurissan》
6《レノ・ジャクソン/Reno Jackson》
7《チルモー/Chillmaw》
8《捻じれし冥界/Twisting Nether》
8《クロマガス/Chromaggus》
9《イセラ/Ysera》
9《ノズドルム/Nozdormu》
10《竜王デスウィング/Deathwing, Dragonlord》
10《頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor》
12《山の巨人/Mountain Giant》

 

見どころ

このデッキの面白さは、三段構えのトリッキーなフィニッシュパターンにあります。

まず、10ターン目に《竜王デスウィング》が早々に登場します。

《竜王デスウィング》は12/12と非常に力強く、盤面に残しておくわけには行きません。しかし、倒してしまうと手札にあるドラゴンたちを全部召喚してしまいますから、何の準備もなくうかつに倒して良いミニオンでもありません。

《竜王デスウィング》を倒して、そのターンに現れた《デスウィング》も《イセラ》も《ノズドルム》も倒せるなんてこと、可能でしょうか?

もし《ノズドルム》がひょっこり出てしまったら、持ち時間が15秒になりますから、「もだもだしてらんね!」と大パニック。1体か2体は倒しきれず、お漏らししてしまうことでしょう。この《ノズドルム》による二段攻撃がこのデッキのユニークな魅力です。

しかし、恐ろしいのはここから。そう、彼は真打ちではないのです。

《竜王デスウィング》&ドラゴンたちの二段攻撃を命からがら処理しても、《頽廃させしものン=ゾス》の力によって、《竜王デスウィング》は死の底からもう一度復活してしまうのです!

真っ青。これぞ絶望。

このド迫力の三段攻撃こそが、他では味わえないこのデッキの面白さなのです!
 

2つのデッキの違い

元デッキ

序盤から盤面を取っていくテンポデッキです。

豊富な全体除去でアグロに対抗し、ドラゴン集合コンボ&復活コンボでコントロールに対抗します。長所は爆発力の高さで、短所は回復や挑発が少ないのでヒーローライフには気をつけて戦う必要があります。
 

アレンジデッキ

レノを搭載したコントロールデッキです。

アグロにはレノや全体除去で対応し、ミッドレンジにはテンポカードで応戦し、コントロールにはドラゴン集合コンボ&復活コンボで対抗します。

長所は対応力の高さでクトゥーンデッキ、ン=ゾスデッキに有利が取れる所です。短所は軽い全体除去が1枚しかないので超速攻系のアグロに対して不安が残るところです。
 

元デッキの戦い方

へのへのもへじさんのデッキの戦い方を、ご本人のご感想を掲載することでご紹介します。

**********************************
この項目は、頂いたご感想をそのまま転載したものとなります。
**********************************

基本的に相手がレイト寄りであれば竜王、トワイライトドレイクは残し、アグロの可能性があれば返して地獄の炎とカルトの薬師を探しに行きます。

序盤は技術者やトワイライトドレイクで不利にならない様にボードコントロールを取っていき、6マナ辺りから動き出します。

相手が並べてくる様であればクレクレ君や生き残ったミニオンに影の炎で全体除去しつつドローしたり、海の魔女を出して相手の注意を引きつつ生き残ります。

スタッツの高いミニオンはレジェであればレンドが刺さりますし、シルヴァナス+凄まじき力や影の炎で除去しつつ相手の動きを制限します。

10マナからはボードを取られていれば破滅!が刺さりますし有利や均衡状態であれば竜王を出してプレッシャーをかけます。

竜王が埋葬以外であれば除去されても手札のノズドルムやイセラ、クロマガスが出て来て相手の対処時間を減らしてプレミを誘えますし、更にそれらが除去されることがあってもン=ゾスで復活出来るので息切れし辛い構成になってます。

特に竜王からのノズドルム、イセラ、クロマガスが出た時は圧巻です! 相手もノズドルムは予想していないので何も出来ずにターンが帰ってくることもありますw

レンドもクトゥーンが流行している現在結構な頻度で刺さりますし、竜王のコンボが対処されても、手札が切れていても、破滅で除去しつつドロー→次ターン引いてきたン=ゾスで竜王とシルヴァナス等の断末魔組が復活とかもありました。

負けパターンはやはりアグロの時にカルトや全体除去が事故った時や、パラディンの聖なる盾デッキ等の全体除去が機能させにくいデッキに対しては不利を感じます。

しかしロマンもありながらも戦えるデッキだと思いますので、ご意見ありましたら是非教えていただきたいです。

それでは、長文失礼致しました!

 

アレンジデッキの基本戦術

このデッキは、盤面を制圧した後にヒーローにアタックするデッキです。

なので、盤面を良くするかヒーローにダメージを与えるかで迷ったら、盤面を良くすることを優先してください。

ただし、ヒーローライフが少なくなることで相手に不利なトレードを強要できるなら、積極的にヒーローライフを削りに行っても構いません。
 

アレンジデッキの勝ち筋

このデッキの勝ち筋を簡単にまとめると、

1. ドラゴンシナジーミニオン、断末魔ミニオンを駆使して盤面を取る
2. 《竜王デスウィング》を出し、断末魔によってドラゴンで追い打ちをかける
3. 《頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor》で断末魔ミニオンと竜王デスウィングを復活させる

この3つの流れとなります。

基本的に1の時点で盤面が取れており、そのまま押し切れそうなら、変に長引かせず手札からドラゴンを素出ししてフィニッシュすることも考慮します。

墓地に断末魔ミニオンが十分あるなら、2を飛ばして1→3の流れでフィニッシュすることもあります。

また、アグロデッキにだけ戦い方が変わります。ヒーローパワーによるドローはほとんどせず、出せるカードを惜しみなく出していきます。《サンフューリーの護衛》や《ブラン・ブロンズビアード》なども素出しします。

全体除去やタフな挑発ミニオン、豊富な回復で7ターン目あたりまで耐え切って、相手の攻め手が切れてきた頃に攻守交代します。《レノ・ジャクソン/Reno Jackson》を引ければ形勢は決まったようなもので、後は大型ミニオンを連発すれば勝ちです。
 

全カード解説

重要度を★5点満点で評価します。

《凄まじき力/Power Overwhelming》

基本的に《シルヴァナス・ウィンドランナー》と合わせて使うために取っておきます。《影の炎》と合わせて使うこともできますが、その場合シルヴァナスを出したターンに破壊する手段がなくなることを考慮しましょう。

《生の苦悩/Mortal Coil》★★

ウォーロックは盤面に1点のダメージを与えるのが難しいヒーローなので重宝します。追加のドロー効果も《山の巨人》や《トワイライト・ドレイク》と相性が良く、地味に嬉しいです。対アグロだけでなく、聖なる盾を剥がしたり、全体除去で倒しきれなかったミニオンにとどめを刺すことにも使えます。

《サンフューリーの護衛/Sunfury Protector》★★

《山の巨人》、《トワイライト・ドレイク》、《狂闘品のヒールロボ》などタフなミニオンに挑発を付けて他のミニオンを保護したり、ヒーローライフを守ります。アグロ相手には単なる2/3として出します。

《巨大ガマ/Huge Toad》★★

2マナ3/2 &1ダメージはアグロに強く、《影の炎》の生け贄としても役立ちます。1対1の盤面なら、1/2の確率で《トーテム・ゴーレム》など3/4相手に相討ちできます。さらに、断末魔が付いているのでン=ゾスで復活します。

《闇の売人/Dark Peddler》★★

手札を消費しないで出せるミニオンということで《山の巨人》、《トワイライト・ドレイク》とも相性が良く、《凄まじき力》を補充したり、あと1点欲しい時に《生の苦悩》や《エルフの射手》を引いたり、アグロや武器持ちの相手に挑発を出したりとなかなか便利なカードです。ブランで2枚ドローに化ける所も面白いです。

《シャドウボルト/Shadow Bolt》★★

お守りのようなカードです。《黄昏の鎚の長老》、《フレイムウェイカー》、《ブラン・ブロンズビアード》、《泡を吹く狂戦士》、《ダークシャイアの管理官》など残しておきたくないタフなミニオンを返しのターンに倒せます。また、《墓荒らし》、《アジュア・ドレイク》など強力なミニオンも一撃で倒せます。

《インプ・ギャングのボス/Imp Gang Boss》★★★

対アグロ、ウォリアー、ローグで強力なミニオンです。単体で強く、3ターン目には何も考えずに彼を出せばいいという安心感があります。逆に、プリースト相手にはほとんど機能しません。マリガンでデッキの中に埋めましょう。

《ブラックウィングの技術者/Blackwing Technician》★★★

条件付きで3/5となりますが、デッキには7枚のドラゴンカードが入っている(約4枚に1枚がドラゴンカード)ので条件を満たすのは比較的楽です。3/5は4マナのスタッツなので、3ターン目に出せれば盤面を取りやすいです。特にウォリアー、ローグ、シャーマン辺りに効果てきめんです。また、ブランで4/6になります。

《ブラン・ブロンズビアード/Brann Bronzebeard》★★★

コンボカードです。主に体力回復を強化するために使います。遠見師で6点回復、スナック売りで8点回復です。もしン=ゾスの雄叫びを2回発動させれば、ミニオンは2倍出てきます。これはメチャクチャ面白いコンボです。シナジーがあるのは以下の9体です。
・《闇の売人/Dark Peddler》: 2枚ドロー。あと1点が欲しい時など。
・《ブラックウィングの技術者/Blackwing Technician》: 4/6に。
・《大地の円環の遠見師/Earthen Ring Farseer》: 6点回復。よく使うコンボ。
・《スナック売り/Refreshment Vendor》: 8点回復。メインの使いみち。
・《トワイライト・ドレイク/Twilight Drake》: 4/15などに。
・《トワイライトの守護者/Twilight Guardian》: 4/6に。
・《ブラックウィングの変性者/Blackwing Corruptor》: 6点ダメージ。
・《頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor》: 2倍召喚。フィニッシュコンボ。
最後のン=ゾスとのコンボですが、決まればゲームが終わってしまうので、何とかブランが倒されないタイミングを見つけて決めてみましょう。相手は高確率で爆発します。

《大地の円環の遠見師/Earthen Ring Farseer》★★★

対アグロで重要なミニオンです。3ターン目に3/3を出しながら3回復するのはアグロからするとかなり嫌な行動となります。また、傷ついたミニオンを回復するのも非常に重要なアクションです。例えば5/1が5/4になれば、タダで倒されるはずのミニオンが復活したような意味を持ちます。

《地獄の炎/Hellfire》★★★★

対アグロで非常に重要な全体除去です。また、自分の傷ついたシルヴァナスを倒して相手の大きなミニオンを奪いたい時にも使えます。

《影の炎/Shadowflame》★★★

強力な全体除去ですが、1枚で機能しない所が弱点です。シルヴァナスとのコンボは強力です。また、《凄まじき力》と組み合わせてボードクリアすることもできます。

《スナック売り/Refreshment Vendor》★★★★

対アグロとして非常に強力なだけでなく、ほぼどんな相手にも安定感のある活躍ができるミニオンです。体力を4点も回復しながら3/5を出すという動きはゲームを長びかせる効果があり、終盤に輝くこのデッキと相性抜群です。ブランと組み合わせて8点回復するというのもまた強力です。

《トワイライト・ドレイク/Twilight Drake》★★★★

非常にタフなミニオンです。沈黙が弱体化した現環境は水を得た魚のようなもの。3ターン目までヒーローパワーを使い続ければ、4ターン目には4/9または4/10のドラゴンとして降臨できます。ブランと組み合わせると4/15くらいになります。相手は悲しむでしょう。

《トワイライトの守護者/Twilight Guardian》★★★

タフな挑発ミニオンで、対アグロに役立ちます。ドラゴンを持っていれば3/6挑発という限定能力ですが、4ターン目までにドラゴンを引けないことは稀です。ブランで4/6になります。

《ブラックウィングの変性者/Blackwing Corruptor》★★★

3点投げながら現れる5マナ5/4という意味の分からないぶっ壊れです。ただ、体力が低いので一撃で倒されてしまう脆さが気になります。挑発ミニオンの後ろに出せると輝きます。また、ブランで投げるダメージが6点になります。ファイアボールか。

《無貌の操り手/Faceless Manipulator》★★★★

非常に面白いミニオンです。場に《山の巨人》や《トワイライト・ドレイク》がいれば彼らを、いなければン=ゾスのために断末魔ミニオンをコピーします。相手が《ケーアン・ブラッドフーフ》などを出してきたら返しのターンで「俺も」と言って出すのも面白いです。シルヴァナスが残っていれば、例え死にかけていたとしてもコピーしておき、ン=ゾスで2体復活させる動きもウz 強いです。

《狂闘品のヒールロボ/Corrupted Healbot》★★★★

むちゃくちゃ強いミニオン。5ターン目に出したら巨人かな、と思うくらい強いです。例えば、6/6は《双皇帝ヴェク=ロア》を一方的トレードできるスタッツです。また、ン=ゾスで蘇るのも素晴らしい点です。これらの点から、《無貌の操り手》でコピーしたいミニオンといえます。また、このミニオンにはデメリットが付いていますが、このデッキは序盤からヒーローダメージを積み重ねていくデッキでなく、終盤に大きなミニオンでドカンと終わらせるデッキなので、断末魔で相手を回復させる効果は10ターン以前にはほとんど意味を持ちません。

《魂抽出/Siphon Soul》★★★

体力回復しながら除去を行う動きがこのデッキとマッチしています。《炎の王ラグナロス》などを吸うのも良いですし、《クラクシの琥珀織師》など中盤に出てきたタフなカードを無造作にチュルッと行くのもまた楽しいです。

《シルヴァナス・ウィンドランナー/Sylvanas Windrunner》★★★★★

デッキの中核カード。ン=ゾスで復活するパワーカードです。確実に墓地に埋めたいので、基本は《凄まじき力》や《影の炎》と組み合わせて出したターンに破壊し、相手のミニオンを奪うという使い方をします。また、対クトゥーンの最終兵器でもあります。相手の盤面が空なら、出てきた相手のクトゥーンをそのまま奪うことができます。ただ、対戦動画を見ていただくと分かる通り、その役目はン=ゾスから復活した後に担うことになるでしょう。

《ソーリサン皇帝/Emperor Thaurissan》★★★★

このデッキは基本的に手札が満タンであるため、ソーリサン皇帝は最高にパワフルな働きをします! このデッキには様々なコンボが存在しますが、ソーソサン皇帝はそれらを行いやすくする潤滑油のようなものです。コスト6以上のカードは他のカードと同時に出すことが難しいですが、ソーソサソ皇帝を使えばそれが出しやすくなります。《無貌の操り手》を他の強力なミニオンと組み合わせたり、シルヴァナスやブランを用いたコンボなども次々決めることができるようになります。

《レノ・ジャクソン/Reno Jackson》★★★★

対アグロの最終兵器。相手がカードを1枚使用して3点や4点の追加ダメージを与えてきているのにこっちはこのカード1枚で20点以上回復してしまうという理不尽。盤面に4/6が残るのも強いです。盤面にミニオンを出したいという目的で出す場合、ミッドレンジ、コントロール相手なら回復量を気にせず出してしまっても構いません。

《チルモー/Chillmaw》★★★★

6/6挑発のドラゴン。アグロに非常に強く、ン=ゾスで復活します。非常に頼もしい挑発ミニオンです。普通の構築であれば、盤面クリアの断末魔が邪魔で、気軽に出しにくいミニオンかと思います。しかしこのデッキでのチルモーはン=ゾスで復活する断末魔ミニオンという役割が強いので、不利な盤面でなくても、出すものがなかったら五分くらいのボードで出してしまって大丈夫です。

《捻じれし冥界/Twisting Nether》★★★

ボードの全てを消し去る全体除去です。《双皇帝ヴェク=ロア》など、盤面に中型以上のミニオンを複数並べられた時などに役立ちます。ただし、空のボードを相手に明け渡すことになる点には注意してください。

《クロマガス/Chromaggus》★★

8マナで出せるタフなドラゴン。6/8のボディは中型ミニオンを破壊して生き残ることができるサイズです。基本的に8ターン目は断末魔ミニオンを場に出しきっておらず、ン=ゾスの下準備の最中だと思います。なので、8ターン目にこのミニオンを出すということは稀でしょう。10マナあれば出したターンにヒーローパワーを使うことによってカードを1枚コピーできますので、私はそちらの使い方でプレイすることが多いです。

《イセラ/Ysera》★★★

処理しづらいミニオンです。対プリースト、対ドルイドに無類の強さを発揮します。プリーストはたまらず《埋葬》を使って来るでしょう。こちらとしては、その後に出す《竜王デスウィング》に埋葬を打たれたくないので、このイセラを避雷針にします。もし相手がこれに埋葬を打たなければ、《無貌の操り手》で2枚にしてしまいましょう。相手は爆発します。

《ノズドルム/Nozdormu》★★★★

相手を混乱させるミニオンです。突然出てくるとミスプレイを誘うことができるので、スタッツ以上のパワーを持っていると言えます。《竜王デスウィング》から出すのも良いのですが、手札から出すのも強力です。トリックとして、ロープが出るギリギリの時間まで待って手札から急に召喚してターンエンドすると、相手は自分のロープがいきなり出たとは思わず、自分のロープをあなたのものだと思ってターンが終わるまで眺めていることがあります。(さあ、またあなたのターンです。良かったですね)また、《七つの鯛罪》などエフェクトが派手で細かい操作が必要なカードを最後までプレイさせず、正常に機能させない役割も持っています。

《竜王デスウィング/Deathwing, Dragonlord》★★★★

このデッキの中核カード2。ン=ゾスで復活できるので、手札にドラゴンがいなくても10ターン目にポンと出してしまっていい気軽さがあります。12/12が復活することは悪夢以外の何物でもありません。

《頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor》★★★★★

中核カード3。十分なアドバンテージが出せるなら《竜王デスウィング》が倒されていなくても出してしまって大丈夫です。目安としては、シルヴァナス&ヒールロボか、シルヴァナス&チルモーが倒されていたら出してOKです。ブランがいる時に出せたら死者が2回蘇りますので、場にシルヴァナスが2体とデスウィングが2体などといったまさに地獄絵図という光景が広がります。相手は爆発します。

《山の巨人/Mountain Giant》★★★★

4ターン目に出てくる8/8。《サンフューリーの護衛》を付けるのは相手が《黒騎士》を持っていなさそうなときだけにしてください。また、《無貌の操り手》でコピーしたい第一のミニオンでもあります。

対ヒーローガイド

まず、基本的にコントロール相手には有利だと思ってください。勝負が長引けば長引くほど、総合力の高いこちらのデッキのほうが有利になります。特にクトゥーンデッキは得意で、カードパワー、テンポの爆発力、デッキの総合力、メタで全てのクトゥーンデッキに有利が取れます。

ガチガチのコントロール相手には、勝ち筋の1→2→3をしっかり踏んでいくと、デッキパワーで勝ることができるので勝ちやすくなります。また、ブラン&ン=ゾスコンボがもしできるなら、2を飛ばしてしまっても問題ないでしょう。

逆に、アグロ相手には《レノ・ジャクソン》や《地獄の炎》の両方が引ければ五分かやや有利、どちらか一方が引ければやや不利、どちらも引けなければ不利です。
 

*ドルイド
:クトゥーン型でもファンドラル型でも有利です。相手に確定除去が《マルチ》しかなく、4ターン目にこちらが出す8/8や4/9、5ターン目の6/6を処理することが非常に難しいためです。なので、マリガン(最初の手札交換)では全力で《山の巨人》、《トワイライト・ドレイク》を引きに行きましょう。コインがあれば《狂闘品のヒールロボ》をキープすることも考慮に入れます。相手はクトゥーンの雄叫びダメージでフィニッシュを考えているので《レノ・ジャクソン》も非常に効果があります。マリガンではキープしてください。

▽また、クトゥーンドルイドのやっつけ方は以下の限定動画で見ることができます。
https://youtu.be/phqQbrW5CCA

*ウォリアー
:クトゥーン型でもコントロール型でもパトロン型でも有利です。アグロ型は五分かやや不利です。勝負が長引けば長引くほど、決定的なコンボを持っているこちらが有利です。大型ミニオンをじわりじわりと手札から小出しにしていって、相手に除去の手段を無くさせるのが有効な戦い方です。相手は《乱闘》を持っているので、ン=ゾスは乱闘後に使いましょう。3ターン目に《インプ・ギャングのボス》または《ブラックウィングの技術者》を出せれば相手は非常に嫌がります。また、これらのミニオンは《止めの一撃》の避雷針になってくれる可能性もあります。マリガンは《インプ・ギャングのボス》、《ブラックウィングの技術者》、《山の巨人》、《トワイライト・ドレイク》、《ソーリサン皇帝》に加えて、相手の《泡を吹く狂戦士/Frothing Berserker》へのお守りとして《シャドウボルト》をキープします。

*プリースト
:クトゥーン型でもコントロール型でも有利です。コンボ型ならなおさら有利です。相性が最高にいいマッチアップと言えます。このマッチアップは相手の除去手段をどのように枯渇させるかが鍵になっています。並べすぎると全体4点ダメージのサークルコンボが飛んできますが、2体ほど大きなミニオンが並べば相手は泡を食ってピクピクしだします。相手の《埋葬》からシルヴァナスやデスウィングを守りたい所ですが、安心してください。相手はこちらの4/9をどうやっても処理できないので、1枚目の埋葬は《トワイライト・ドレイク》が吸ってくれる事が多いです。2枚目はイセラが吸ってくれます。また、4ターン目に8/8を出すと相手は《密言・死》を使わざるを得ないので、ここで消費させることができます。後は手なりで巨大なミニオンを出していって、最後にン=ゾスを出してやればゲームオーバーです。ですが、大抵はン=ゾスを出すところまで行かずに勝ってしまうでしょう。マリガンは《ブラックウィングの技術者》、《山の巨人》、《トワイライト・ドレイク》です。トワイライトドレイクが来たら圧倒的に有利だと思ってください。

*シャーマン
:進化型、ミッドレンジ型に五分です。アグロにはやや不利です。相手がアグロであれば、相手の攻め手を凌ぎきる7~8ターン目が勝負どころです。4ターン目に《地獄の炎》が打てれば勝負は大幅に有利になるでしょう。相手がアグロであるにせよないにせよ、攻めが厳しいことに変わりはないので《レノ・ジャクソン》は必須になります。基本的にマッチアップした時点で相手はアグロだと決めてマリガンをします。なのでマリガンは、《レノ・ジャクソン》、2~3マナミニオン、《地獄の炎》、《シャドウボルト》をキープします。

*ローグ
:クトゥーン型に有利で、マリゴス型に五分かやや不利です。基本的に相手は4ターン目の8/8や4/9を返す手段を持っていません。そこに多くのリソースを使わせることができたら、どちらの型に対しても勝負はグッと有利になると思ってください。また、ローグ相手にマナをまるまる使ってミニオンを出すと《昏倒》でテンポを失う可能性があることを頭に入れて置いてください。なので、昏倒されても良いようなタイミングで大型を出します。もちろん《ソーリサン皇帝》を出すことはいつだって素晴らしい効果をもたらします。マリガンは《レノ・ジャクソン》、《インプ・ギャングのボス》、《ブラックウィングの技術者》、《山の巨人》、《トワイライト・ドレイク》、《ソーリサン皇帝》をキープします。

*ハンター
:クトゥーン型でもフフラン型でも有利です。むしろ、ハンターへの相性は抜群で、絶好の相手と言えます。相手のヒーローパワーはほとんどがマナの無駄遣いで終わるでしょう。相手は《狩人の狙い》を持っていますので、4ターン目に大型を出すことは不発で終わる可能性があります。それよりテンポ重視で、3マナから《インプ・ギャングのボス》や《ブラックウィングの技術者》などを出していくことのほうが効果があります。相手の秘策は《凍結の罠》であることが多く、《インプ・ギャングのボス》は相手の武器や罠に対して非常に強いです。フェイス型はほぼ見ませんが、《レノ・ジャクソン》を引ければ勝ちが確定したと思っていいでしょう。マリガンは《レノ・ジャクソン》、《巨大ガマ》、《インプ・ギャングのボス》、《ブラックウィングの技術者》、《大地の円環の遠見師》、をキープし、それらがあるなら全ての4マナミニオンもキープします。後攻であれば3マナミニオンは2枚キープし、コインを使って2ターン目から展開していきます。

*ウォーロック
:ズー型に不利、レノ型に有利です。基本的にウォーロック相手であった場合ズーと決めてマリガンをします。再優先は《レノ・ジャクソン》、《地獄の炎》で、2マナ、3マナミニオンもキープします。ズー相手であれば序盤から惜しみなくミニオンを出していきます。《レノ・ジャクソン》が引けたら圧倒的に有利です。レノ型に対しては、手なりで巨大ミニオンを出していくだけでカードパワーの差で相手を追い詰めることができます。早ければ7ターン目辺りで勝負が付いているでしょう。マリガンは《レノ・ジャクソン》、《巨大ガマ》、《インプ・ギャングのボス》、《ブラックウィングの技術者》、《大地の円環の遠見師》、をキープし、それらがあるなら全ての4マナミニオンもキープします。後攻であれば3マナミニオンは2枚キープし、コインを使って2ターン目から展開していきます。

*パラディン
:ン=ゾス型にもアグロ型にもやや有利です。ン=ゾス型には勝ち筋の2を意識し、デスウィングが墓地に送られてからン=ゾスを召喚するようにしましょう。相手のアルダー、ウルダマン、謙遜は、4ターン目から手なりに大型を連打しているだけで枯渇します。平等聖別に対しては、大型2体で攻めるようにすれば最大効率を保てます。相手のシルヴァナスやティリオンといったキーカードを、こちらのシルヴァナスで奪うことができれば、勝負は非常に有利になります。アグロ相手なら、キーカードである《ダークシャイアの管理官》を《シャドウボルト》やミニオンなどでしっかりと倒すことができれば恐るるに足りません。ただし、相手がアグロだと分かった瞬間に《神聖なる恩寵》を警戒して、手札を持ちすぎないようにしてください。マリガンは《レノ・ジャクソン》、《ブラックウィングの技術者》、《山の巨人》、《トワイライト・ドレイク》です。

*メイジ
:クトゥーン型にやや有利、テンポ型に不利です。対戦数が少ないのであまりアドバイスができないのですが、相手の《フレイムウェイカー》に《シャドウボルト》を合わせられれば大分ラクになります。《レノ・ジャクソン》、《巨大ガマ》、《インプ・ギャングのボス》、《ブラックウィングの技術者》、《大地の円環の遠見師》、《山の巨人》、《トワイライト・ドレイク》に加えて、相手の《フレイムウェイカー》へのお守りとして《シャドウボルト》をキープします。
 

ひとくち新聞限定!クトゥーンドルイド対戦動画

百聞は一見にしかずと言いますし、このデッキがどのように勝利するのか、動画で見てみましょう。

12分ほどの動画ですが、クトゥーンドルイドをどう対処するのか、エッセンスがしっかり詰まっています!

ちなみに、ドラゴンコンボは使用していません。勝ち筋としては1→3の流れになります。デスウィングなしでも十分に勝てるというところをご覧ください。

追記:

2つの対戦動画を追加しました。

vs アグロシャーマン

vs テンポメイジ

 

まとめ

この新しいタイプのドラゴンデッキは本当に面白くて、特にノズドルムを出した時には相手がびっくりしているのが手に取るように分かります!笑

ロマンのつまったこのデッキ、ぜひぜひ試してみてください。
 

──清水龍之介

P.S.
これ、一体何魔素必要なんだろう、、、


あとがき

これは、2016年5月10日に配信されたハースストーンひとくち新聞です。

ハースストーンひとくち新聞へのご登録はこちらのページからできます。

→ ハースストーンひとくち新聞のご案内

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

 - デッキガイド, ひとくち新聞バックナンバー