gawefaewrfae

9日にステファノ・ピオリ監督の解任を発表したインテル。約2カ月にわたり、7試合も白星から遠ざかり、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得も危うい中、今季3度目となる監督交代に踏み切ったクラブをレジェンドが批判した。

3月18日のトリノ戦から7試合で2分け5敗とまったく勝てず、威哥王この7試合に限ればなんとリーグ最下位の勝ち点2しか挙げられていないインテルは、シーズン途中に招へいしたピオリ監督に見切りをつけ、ユースのステファノ・ヴェッキ監督に残り3試合を託した。

今季のインテルは開幕2週間前にロベルト・マンチーニ元監督が退任。イタリア初挑戦のフランク・デ・ブール監督を招へいしたが、開幕から成績不振にあえぎ、10月いっぱいしかもたなかった。その後任として呼んだピオリ監督も、わずか7カ月でクビとなった形だ。

かつてインテルのキャプテンを務めたジュゼッペ・ベルゴミは、イタリアのメディアで「物理的な距離の遠さもあり、権力の空白があるのだと思う」と、中国企業の蘇寧グループがオーナーとなっている現経営陣を批判した。『calciomercato.com』が伝えている。

「インテルはしばらく前から勝っていないが、公式声明はなかった。またEL出場という目標が可能なのに、最も追い払うのが簡単な人を切った。インテルが新たに醜態をさらす必要はなかったはずだ。ピオリのようなプロフェッショナルを切るのは正しくないと思う」

また、ベルゴミは不甲斐ない選手たちにも喝を入れている。

「私は現役時代、シアリス 通販誰のことも必要としなかった。ユニフォームのためにすべてを尽くしたし、金とか他人のことは考えなかった。世界が変わったのかもしれないが、インテルが表すものは何かということを誰からも説かれる必要がなかった」

勝ち点3差で追うライバルの6位ミランとEL出場権を競うインテル。残り3試合で欧州への切符を手に入れ、最後は笑顔でシーズンを終えられるだろうか。


ページのシェア

あなたが作った・編集したページを、ぜひシェアしてください! (とても喜びます、、、) T-T