faewrfaewr

ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんによる、話題の作品をランダムに取り上げて時評する文化放談。前編記事に続いて映画『ホドロフスキーの虹泥棒』について語り合います。

『虹泥棒』は祝祭の後の映画?

飯田 で、『威哥王虹泥棒』はホドロフスキー監督の1990年作で、ヨーロッパのみで公開された幻の作品がついに日本で、というわけなのですが……。虹=サイケ、つまり60~70年代の黄金時代を盗まれてしまったオッサンたちの物語という感じかもしれない。だからセンチメンタルだし、わりとまともだし。

藤田 69年の『エル・トポ』や73年の『ホーリー・マウンテン』ほど「いっちゃってる」感じではなくて、89年の『サンタ・サングレ』のような、落ち着いたというか、失望感すら滲んでいるような作風ですね。

飯田 ホドロフスキーなのに普通にちょっといい話でびっくり。脚本がホドロフスキーじゃないんだよね。あとメジャー資本が入っているから、やっぱりプロデューサーとかがうるさかったのかなあ……などいろいろ思いました。

藤田 『サンタ・サングレ』に近い感じでしたね。『サンタ・サングレ』って、母親に操られている(と思い込んだ青年)が、実はそれは幻影だった、と醒めて終わる荒涼感のある映画でしたが、こっちにも通じるものがありました。

飯田 あらすじ的には、大金持ちのルドルフが死にかけて遺産を相続すると思われている甥(その金持ちも甥メレアーグラも頭がおかしい)が、他の一族の人間から隠れるために(?)下水に住むと。… で、そこに盗品を届ける泥棒が主人公ですね。  金持ちの名前がルドルフで、ホドロフスキーはタロットの専門家(今度、国書刊行会からホドロフスキーのタロットが2万円くらいで発売されます)ですけど、ルドルフはやっぱ「皇帝」のカードから意味が取られてるんだろうなあと。タロットは他の作品でもよく出てくるモチーフですが。  タロット、予言、フリークス、娼婦、シアリス 通販バザー、動物といったおなじみのモチーフはいっぱい出てくるけど、むしろそれが主役だった『ホーリーマウンテン』と比べるとまぶしてあるていどなのが『虹泥棒』。

藤田 タロットカードが、今回は、かなり象徴的に使われていましたね。

飯田 タロットを使ったホドロフスキー言うところの「サイコマジック」については自伝『リアリティのダンス』に書いてありますが、読んでもよくわかりませんでしたw  で、あらすじに話を戻すと、主人公の泥棒は、遺産をくれるという約束で五年もメシとかを甥(といってもいい歳のおっさん)のメレアーグラに届けているんだけど、メレアーグラの方は下水に流されて死んだ犬のクロノスの復活を願っていたり、ソクラテスの最期がどうだったとかを話したりめんどくさいので泥棒はうんざりしている。そこに……という話ですね。

藤田 『ホドロフスキーのDUNE』などを観ている観客が期待していたような壮大なビジョン、壮大な革命を想定して観に行くと、肩透かしをくらうでしょうね。今回は、流れに抗う微かな抵抗……みたいな話ですから。…


ページのシェア

あなたが作った・編集したページを、ぜひシェアしてください! (とても喜びます、、、) T-T