ブルーギル・ウォリアー/Bluegill Warrior

BluegillWarrior.png

TOP > 中立コスト2 > ブルーギル・ウォリアー/Bluegill Warrior


《ブルーギル・ウォリアー/Bluegill Warrior》(青エラの戦士)は中立のベーシック・ミニオンカード。

入手法 †

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはパラディンのレベルが53,54になるとそれぞれ入手できる。

戦略 †

  • 2マナ2/1で2点スペルのように使うことが多い。
  • 1マナ1/3に一方的に倒されたり、ヒロパで簡単に処理される運命にある。戦闘力は低いミニオンで、カードアドバンテージを失うことが多い。うまく体力2のミニオンにぶつけることができれば互角である。
  • 2マナは中立の優れたミニオンが多く、このカードを採用することはまずない。早さが大事なアグロ系でもまず採用されないだろう。
  • マーロックデッキでは採用することもある。まあ単体で使えるマーロックなので便利だったりする。
  • 七つの鯛罪/Anyfin Can Happenデッキでは中核カードの1枚。大いなるマーク・アイ/Old Murk-Eyeと共に敵の顔面へ突っ込んでいく。

闘技場(Arena) †

  • 除去スペルをどれだけ引けるかわからない闘技場(Arena)においては、擬似除去として結構役立つ。他の選択肢が今一つなら優先して取ってもいいだろう。
  • やることは顔面2点か、3/2あたりと相打ちするだけである。
  • 闘技場(Arena)はメイジの人口が多く、返しのターンのヒロパであっけなく死ぬことも多い。

コンボ †

メモ †

パッチ修正 †

フレイバーテキスト †

  • ヤツはハグがしたいだけなんだ。泥だらけで...ぬるぬるした...ハグを。

自由帳 †

  • ブルーギル族はウェットランドの沼沢地Bluegill Marshに生息するマーロックの部族。 Gobblerという長に率いられ、Menethil Harborの商船や釣り人を襲う。

コメント †

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

お名前:
  • 復活しながら攻撃力9とかになって突っ込んでくる -- 2016-02-09 (火) 06:12:23
  • 普通に使っても普通に強い いち早く処理したいジャグラーなどにどうぞ・・・ -- 2016-01-25 (月) 02:18:39
  • 青い稲妻が君を攻める -- 2016-01-24 (日) 23:00:58
  • マーロックデッキでは一押しの一枚。こいつがいなきゃ始まらない -- 2016-01-02 (土) 19:13:38
  • 七つの鯛罪で突っ込んでくるのが怖い -- 2015-12-28 (月) 00:34:01

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照


ページのシェア

あなたが作った・編集したページを、ぜひシェアしてください! (とても喜びます、、、) T-T