Naxx Handlock/ナックス・ハンドロック

TOP > ウォーロックのデッキ > Naxx Handlock

Naxx Handlock(ナックス・ハンドロック)は以前のバージョンのウォーロックのコントロールデッキ。(GvG以前にハンドロックとして紹介していた記事を資料として残してあります)

※この記事はGAMERS LEAGUEさんのHandlockガイドを大いに参考にして作っています。元の記事は「Handlockガイド ターンごとの行動から」。(日本語サイト/外部サイト)

レシピ例 †

d_hl.png

画像クリックで詳しいデータページ(外部サイト)に飛びます。


デッキ概要 †

Hearthstoneのデッキの中で最も壊滅的な破壊力を持つデッキ。対策のされていないデッキを為す術もなくねじ伏せる力を秘めている。
ほとんどのデッキに有利であり、特にプリーストやローグに強い。弱点はシャーマン、ハンター。

長所

  • 有利デッキが多い。
  • 弱点デッキが少ない。
  • 相手が対策をしていなければ圧倒できる。
  • 相手が対策を知らなければ圧倒できる。
  • 使っていて非常に楽しい。

短所

  • デッキが高価。
  • プレイングが難しい。

弱点

  • 特になし。

戦略 †

基本的に序盤はヒーローパワーのLife Tapp.pngを連打して手札を貯めつつ、4ターン目から8/8の《山の巨人/Mountain Giantp.pngや4/10の《トワイライト・ドレイク/Twilight Drakep.pngなど超大型カードを場に出してアドバンテージを取る。

相手がミニオンを並べるなら《古代の番人/Ancient Watcherp.pngなどに《影の炎/Shadowflamep.pngをかけて敵全体を洗い流す。

終盤に戦況が拮抗していれば《ロード・ジャラクサス/Lord Jaraxxusp.pngで押し切るのが必勝パターン。有利な状況であれば《ロード・ジャラクサス/Lord Jaraxxus》をプレイすることでさらに状況は有利になる。

展開

中核カード †

シナジー †

古代の番人/Ancient Watcherp.png

マリガン/マッチアップ †

その他のデッキ

Tips/おトク情報

  • 基本はドローを優先。残りのマナすべてを使ってなにかしたい場合を除いてドロー。十分なドローができずにゲームに負けることはよくある。
  • 手札いっぱいあったらドローする前に手札数えよう。《山の巨人/Mountain Giantp.pngのマナ・コストが3だったら手札は10枚(max)ある。
  • 手札9枚で、このターンドローしてから動けるカードを手札に持ってない時はドローしてはだめ。手札10枚になって一度も動かなければ次のターン一枚焼ける。集中してないときに初心者が一番間違えるとこなので注意。
  • スロープレイ。テンポのためだけに1枚以上カード使うのはダメ。
  • すべてのAoEを見るまでは大規模に展開するのを控える。相手は《影の炎/Shadowflamep.png、《平等/Equalityp.png、《乱闘/Brawlp.png、《オウケナイのソウルプリースト/Auchenai Soulpriestp.png+《回復の輪/Circle of Healingp.png2枚、《ライトニングストーム/Lightning Stormp.png、《炎の舌のトーテム/Flametongue Totemp.pngを持っている、と仮定する。それらでボードクリアされると深刻なダメージとなる。
  • 大地の円環の遠見師/Earthen Ring Farseerp.pngは自分のミニオンを回復するとアドバンテージを生み出せるので必要なければ自分ヒーローを回復しないこと。
  • 繰り返しになるが、テンポデッキじゃないのでコントロール相手には慎重にプレイしよう。もし一枚のミニオンで相手ミニオンを倒せるなら、除去を使わず倒すほうが良い。《魂抽出/Siphon Soulp.pngや《大物ハンター/Big Game Hunterp.pngはなるべく後に取っておいて、ミニオンがないときに備えよう。

デッキ相性 †

  • 得意(7:3):ランプドルイドコントロールプリーストアグロメイジ、トークンドルイド、ショッカディン
  • 有利(6:4):コントロールウォリアー、ミラクルローグ、ウォーロックズー、
  • 五分(5:5):フリーズメイジ、ミルローグ、ミッドレンジハンター
  • 不利(4:6):フェイスロールハンター、ミッドレンジシャーマン
  • 苦手(3:7):

対Handlock †

コメント †

コメントはお気軽に。(名前は無しでもOK)
「尽きぬ力は素晴らしい。尽きぬ理解はまして得がたい」



ページのシェア

あなたが作った・編集したページを、ぜひシェアしてください! (とても喜びます、、、) T-T