Zoo Season12 / ズー シーズン12

TOP > ウォーロックのデッキ > ズー シーズン12

(2015-04-22 作成)

Zoo(ズー)はウォーロックのアグロデッキ。


この記事は、旧タイプのデッキを資料として紹介するものです。

レシピ例 †

d_zoo.png d_zoo2.png

画像クリックで詳しいデータページ(外部サイト)に飛びます。


デッキ概要 †

展開力、バフ(Buff)に優れたデッキ。「自分のデッキが回る」か「相手のデッキの立ち上がりが遅い」時に勝てる。

ランク戦初心者に一番オススメしたいデッキである。理由はとても安く作れることと、プレイングが簡単なことだ。対人戦というものに慣れていくにはもってこいのデッキである。

相性 †

Gul'dan64.pngズー (2016-3)
得意コンボドルイド(65/35)。
有利アグロシャーマンアグロドルイド (60/40)
テンポメイジシークレットパラディン(55/45)
五分マーロックディン(50/50)
不利レノロックコントロールウォリアー (45/55)
グリムパトロンウォリアーコントロールプリースト(40/60)
苦手フリーズメイジ(25/75)。
判別法ヴォイドウォーカー/Voidwalkerp.png、《ダイアウルフ・リーダー/Dire Wolf Alphap.png、《ダークアイアンのドワーフ/Dark Iron Dwarfp.pngが出てきたらズー。
対策相手はバフ(Buff)によるボードコントロールを得意とする。ボードコントロールを渡さないよう、序盤からミニオンを展開するか、相手のミニオンをボードクリアしてしまうかして、何とか序盤を乗り切ろう。中盤以降になると弾切れとなり、一気に失速する。

長所

  • 世界大会でも採用される本格派。レジェンダリー満載のデッキにも勝てる。
    • 有名プレイヤーTheKamshが今シーズン(2015-03)レジェンドになった時に使ったデッキである。
  • 自分の手札が良ければ勝てる。
  • 相手の展開が遅ければ勝てる。
  • 考えることが少ない。ゲームに慣れていないプレイヤーでも十分時間が余る。
  • 決着が早い。5ターン、6ターンで勝負がつくこともある。
    • 一試合が短ければ、それだけたくさん対戦できる。たくさんランクが上がる。
  • 非常に安価。

短所

  • あまり考えることがないのでコダワリプレイヤーには物足りない所がある

弱点

戦略 †

基本的には出せるミニオンを並べていくだけ。とにかくボードを制圧することを目標にして、その後にヒーローを殴りに行くプレイスタイルとなる。

1マナミニオンが豊富なのが特徴で、火力の高い1マナミニオンが1ターン目からボードを占領し、アドバンテージを取る。また、バフ(Buff)が豊富なことも大きな特徴である。素早く展開した低マナミニオンの攻撃力を上げ、敵の中型ミニオンと相打ちにさせる動きが強い。4〜6ターン目あたりで手札が切れるが、ヒーローパワーでどんどん手札を補充できる。

展開


ネルビアンの卵/Nerubian Eggp.pngをどう使う?
攻撃力がなく、他者の助けがないと動けないNerubian Eggを出すことは一見テンポロスに見える。しかし、バフ(Buff)の豊富なZooなら、彼を攻撃させる手段には事欠かない。他のミニオンと同じように次のターンに攻撃することも十分可能だ。そして、それは大きなアドバンテージを得るチャンスだ。各種バフ(Buff)や《ナイフ・ジャグラー/Knife Jugglerp.pngと組み合わせることによって、うまくすると敵のミニオンを倒しながら4/4のミニオンを出すことができる。また、ウォーロックならではの割り方として《凄まじき力/Power Overwhelmingp.pngでターン終了時に割るなどの方法もある。

アドバンテージの取り方

中核カード †

  • 魂の炎/Soulfirep.png:強力かつ安価な除去。フィニッシュに使っても強いが、Zooではボードアドバンテージを取るために使うのが基本となる。
  • 墓掘り人/Undertakerp.png:攻撃力がどんどん膨れ上がる危険なミニオン。アドバンテージが取れると思ったらアッサリと中型ミニオンにぶつけてトレードしてしまってもいい。大型ミニオンともトレードできるポテンシャルを秘めた1マナミニオンだ。
  • ナイフ・ジャグラー/Knife Jugglerp.png:ミニオンをたくさん出すZooとベストマッチ。召喚系断末魔(Deathrattle)ミニオンとシナジーがある。大ダメージを狙うためには出したターンに働かせたい。
  • ドゥームガード/Doomguardp.png:フィニッシャー。手札のない状態で使いたいが、詰められると踏んで5ターン目に召喚する場合もある。

シナジー †

☆=オススメ

ナイフ・ジャグラー/Knife Jugglerp.png

アルガスの守護者/Defender of Argusp.png

ダイアウルフ・リーダー/Dire Wolf Alphap.png

ネルビアンの卵/Nerubian Eggp.png

マリガン/マッチアップ †

初手

苦手なマッチアップ

対コントロールパラディン

意外に回復も豊富で、序盤で仕留め損なうと厳しい。

対コントロールウォリアー

対Warlock Zoo †

  • 敵は素早い。序盤から全速力で展開する。
  • できるだけ敵のミニオンを倒しまくる。小さなミニオンでも残しておかない。バフ(Buff)が豊富だから、残しておくとこちらの大きなミニオンを殺されてしまう。
  • ミニオンを出し惜しみしてはいけない。不利な交換になっても出す。敵は体力を削り切る手段が豊富だから、序盤に傷つきすぎると一気に持っていかれる。
  • こちらがAoEを持っているなら、タイミングを見計らう。基本は敵が畳み掛けるように並べたタイミングで出す。
    • 序盤はできるだけミニオンで応戦する。すると敵がこちらを圧倒しようと並べてくることがある。そこで打つ。
  • ドゥームガード/Doomguardp.pngに対するアンサーをキープしておく。《呪術/Hexp.png、《密言・死/Shadow Word Deathp.pngExecutep.png……

コメント †

コメントはお気軽に。(名前は無しでもOK)
「尽きぬ力は素晴らしい。尽きぬ理解はまして得がたい」

  • 安く作れて、一試合が短く、強いというランク戦で上を目指したい人に真っ先にオススメしたいデッキ。フェイスハンターも安いがあちらはMadScientistがやや遠い、 -- 2015-04-09 (木) 21:13:20
  • ミッドレンジハンターが有利不利どちらの欄にも記載されてるのですけど実際どっちなんでしょう?トラップ多めだとしんどい気がしますけど -- 2015-04-10 (金) 08:25:46
  • ここ最近は二線級だったけどImp Gang Bossのおかげで復権したね -- 2015-04-16 (木) 15:48:36
  • 手札事故が少ないのも長所ですね -- 2015-04-17 (金) 07:57:12
  • Tire1位になったな -- 2015-04-21 (火) 13:03:15
  • Gang Bossはひどい -- 2015-04-21 (火) 15:29:58


ページのシェア

あなたが作った・編集したページを、ぜひシェアしてください! (とても喜びます、、、) T-T