サーバー

現在主流のサーバーはアジアです。イベントや国内大会などは基本的にアジアで行われています。

海外大会などに参加したいガチプレイヤーは追加でアメリカ、EUサーバーを遊ぶことをオススメします。(2016年3月31日現在)

過去の記事

このwikiでは、アメリカとアジアのメリット・デメリットをお伝えするのみとし、推奨サーバーを定めることはしません。

※このページは情報が古いため実際の環境とは違っている可能性がありますご注意下さい※ 

アジアサーバーのメリット・デメリット †

Blizzardの推奨サーバーはアジアです。日本語化以降、多くのプレイヤーがアジアサーバでプレイするようになりました。
もしあなたが、日本で開かれる大会や、オフラインイベントに参加してみたいと思う場合はアジアをオススメします。
日本で開かれる大会の多くはAsiaで開かれており、アメリカサーバーを選んだ場合は他の方と一緒に遊べない可能性があります。

アジアサーバーは、メンテナンスの時間やランクリセットの時間が日本人向け(ランクリセットは深夜1時)になるため、月末に高ランクを目指す場合にも遊びやすい環境でもあります。

アメリカサーバーのメリット・デメリット †

日本語化以前、日本で主流のサーバーは南北アメリカ (Americas)でした。
英語版のデフォルトサーバーがアメリカだったため、これまで英語で遊んでいたプレイヤーはアメリカサーバーのアカウントで遊んでいます。

あなたがハースストーンのプロになりたいとか、大会で賞金を稼ぎたいなら、アメリカサーバーでプレイすることをオススメします。
日本の大会はアメリカサーバーで開かれることが多く、世界の大会となるとほとんど全てがアメリカサーバーです。(註: 2016年3月現在、日本の大会の多くはAsiaでも開かれるようになりました。)

ハースストーンプロに誘われるには、世界の大会に参加して優勝する必要があります。
なので、アジアサーバーでいくら強くても、プロになりたいなら一度カードをリセットして、アメリカサーバーでアカウントを作り直し、世界の大会にどんどん参加していく必要がある可能性があります。

注意点としては、大会の開催時間やランクリセットの時間などがアメリカ側を基準となる点です。
アメリカサーバーのランクリセットは日本時間の14時なので、ランク100位以内を目指すのであれば昼2時までランク戦を回し続けなければいけません。
これは社会人ゲーマーにとっては非常に過酷な環境となります。

日本代表戦はアメリカサーバーじゃなきゃ参加できない?
いいえ。Blizzardポイントはどのサーバーでも貰えます。どのサーバーでプレイしていても、公式大会には参加できます。
アメリカサーバーでポイントを稼いでいたとしても、日本の公式大会には出場できます。

注意 †

集めたカードは他のサーバーでは使えません。異なるサーバー同士では対戦する事もできません。
以前からアメリカサーバーでプレイしていたプレイヤーはサーバー移動ボーナスがありアジアサーバーへ移ろうと思えば移るのは容易ですが、これからアメリカサーバーで始めるプレイヤーはアジアへの移動ボーナスが無く移動が容易では無い事に注意が必要です。


ページのシェア

あなたが作った・編集したページを、ぜひシェアしてください! (とても喜びます、、、) T-T