Anti Aggro Priest

TOP > プリーストのデッキ > Anti Aggro Priest(アンチアグロ・プリースト)

Anti Aggro Priest(アンチアグロ・プリースト)はプリーストのミッドレンジデッキ。

レシピ例 †

d_ucp.png d_ucp2.png d_ucp3.png

画像クリックで詳しいデータページ(外部サイト)に飛びます。


デッキ概要 †

アグロに特化したプリースト。プリーストの弱点であった序盤の展開力を《墓掘り人/Undertakerp.png、《エサゾンビ/Zombie Chowp.png、《闇の教団の使徒/Dark Cultistp.png、《デスロード/Deathlordp.pngなどで克服した。ハンターやウォーロックはもちろん、大型ミニオンを投入した一般的なプリーストコントロールとのミラーマッチにも強い。
また、初速の爆発力があるためプリーストの苦手とするハンドロックにもある程度は戦えるようになった。
弱点はミラクルローグ

長所

  • 安価。レジェンダリーは《シルヴァナス・ウィンドランナー/Sylvanas Windrunnerp.pngのみ。
  • 対処の難しいハンターやウォーロックのアグロに互角以上の戦いができる。
  • 展開が早い。展開の遅いコントロール相手にはボードで優勢が取れ、有利に展開できる。
  • コントロールなのでカードゲームの楽しさを満喫できる。

短所

弱点

戦略 †

序盤から高性能な小型ミニオンを並べ、ボードの優位を得る。中盤は2:1、3:1カード(後述)でアドバンテージを稼ぐ。後半は敵の切り札を奪うカードで強力なミニオンを味方につけ、一気にけりをつける。序盤に大きく体力を減らされても、ヒーローパワーや《ホーリーノヴァ/Holy Novap.png、《聖なる炎/Holy Firep.pngで回復できるのでボードアドバンテージを重視すればいい。

展開
【序盤】高性能な小型ミニオンに《真言・盾/Power Word Shieldp.pngを付けることで小型ミニオンを除去しつつ生き残らせる。高性能な小型ミニオンをヒーローパワーで回復させることで再利用=ハンドアドバンテージを稼ぐ。
【中盤】アドバンテージを高める。《ノースシャイアの聖職者/Northshire Clericp.pngでハンドアドバンテージを、ボード制圧力の強い《オウケナイのソウルプリースト/Auchenai Soulpriestp.pngや強力な挑発(Taunt)で小型ミニオンを潰していきボードアドバンテージを。敵の猛攻が厳しければ《ホーリーノヴァ/Holy Novap.pngや、最後の手段の《オウケナイのソウルプリースト/Auchenai Soulpriestp.png+《回復の輪/Circle of Healingp.pngの全体4点ダメージでボードを洗って終盤まで凌ぐ。
【終盤】《シルヴァナス・ウィンドランナー/Sylvanas Windrunnerp.pngや《精神支配/Mind Controlp.pngで敵の切り札を奪って圧倒的優位を得る。

なぜ《デスロード/Deathlord》が?
デスロード/Deathlordp.pngは破壊されると敵のデッキから敵の場に1枚ミニオンを召喚してしまうという強烈なディスアドバンテージを持っている。そのため、大型のミニオンがたくさん入ったランプドルイドハンドロック、相手にプレイするには非常に危険なミニオンである。また、除去の豊富なコントロールとも相性が悪い。
しかし、これが対アグロとなると最終兵器に変わる。相手は小型ミニオンばかりなのでデメリットは気にならない。そして、自身は2/8挑発(Taunt)と小型ミニオンとの殴り合いに滅法強い。プリーストなら彼のタフネスを回復してずっと使うことができるので、アグロ側からするとこれほど邪魔なミニオンはいないということになる。

高性能な小型ミニオン

アドバンテージの取り方(2:1カード)
カード1枚で2体のミニオンを倒す働きをするカードのことを2:1カードと言うことがある。また、ミニオンを出しながら敵のミニオンを倒すカードも2:1である。2:1カードは状況を選ぶがとても強力だ。このデッキには2:1カードが多く含まれているので、それを解説する。

中核カード †

シナジー †

オウケナイのソウルプリースト/Auchenai Soulpriestp.png

ノースシャイアの聖職者/Northshire Clericp.png

熱狂する火霊術師/Wild Pyromancerp.png

墓掘り人/Undertakerp.png

  • ☆各種断末魔(Deathrattle):全部で10枚。手元に《墓掘り人/Undertakerp.pngが1枚来て残りをマリガンした時、2ターン目までに3マナ以下のデスラトルミニオンを1枚引ける確率は先攻ならば83%、後攻ならば91%。2枚引ける確率は先攻ならば43%、後攻ならば62%となる。

マリガン基準 †

理想的な初手

その他キープするカード

デッキ相性 †

コメント †

コメントはお気軽に。(名前は無しでもOK)
「尽きぬ力は素晴らしい。尽きぬ理解はまして得がたい」



ページのシェア

あなたが作った・編集したページを、ぜひシェアしてください! (とても喜びます、、、) T-T